ホーム>スタッフブログ>日々のPOSITIVE!>不動産の『おとり広告』取り締まりを強化!
日々のPOSITIVE!

不動産の『おとり広告』取り締まりを強化!

ポジティブ 小野です!

 

先日、不動産業者に配布されている業界ニュースを

読んでいたところ、おとり広告の取り締まりに関する

記事が載っていたのでシェアいたします♪

 

不動産物件を探したことがある方なら

引っかかったことがある(かもしれない)おとり広告。

 

首都圏不動産公正取引協議会は、この「おとり広告」を

2017年度、強化するという方針を明らかにしました。

https://www.re-port.net/article/news/0000052284/

 

以下、記事を抜粋いたします

>総会後の懇親会で挨拶した中井 加明三会長は

>「昨今は『おとり広告』等の悪質な違反が増加しており

>同協議会に設置している『ポータルサイト広告適正化部会』では

>その対策について協議と検討を進めている。

 

 

私も、この業界の意入る前に、幾度となく(!?)

引っかかったことがあるおとり広告・・・。

 

賃貸物件などを見ていて、問い合わせてみると

「まだご紹介可能です~!」

と返信&連絡があり、不動産屋さんに行くと

 

「ちょうど今、申し込みが入ったみたいで!

 他の物件探しましょう」

 

と言われ、ガッカリした記憶が幾度となくあります。。。

 

最近の賃貸物件のトレンドは、退去&内見前に

入居申し込みと審査を終わらせてしまうというパターン。

 

 

情報が世間に出回る前に、物件を抑えてしまおう!

 

というのが最近の賃貸のトレンドらしいです★

 

もちろん、だれが見ても「いいな」と思う物件は

あっという間に 買手・借主 が決まってしまいます。

 

情報を見て「いいな」と思って、より速く動いた方が、

確実に、申し込みや買付を入れられる事も事実です。。。

 

売買の場合はそこから融資が出るか出ないか?で

また時間を取られてるので、早く動いた方が

 

融資が出た時・出なかった時

 

など、結果はどうあれ、次のアクションを

起こすことが可能になります。

 

 

不動産は金額が大きいだけに、

 

「ちょっと買い物しようかな~。一億円のビル!」

 

といった軽い気持ちで申し込みを入れることは

出来ません。

 

中には、太っ腹な投資家様もいらっしゃいますが♪

 

 

その心理を逆手にとって、少しでも契約に近づけようとする

残念思考な不動産業者もいることは事実です。

 

おとり広告!?

 

と思っても、まずは問い合わせをしてみる勇気も必要ですが

自分の条件に合わない物件はNOを伝えることも必要ですね。

 

当社にご来店&ご面談させていただく投資家の皆様は

論理立った、ご自身なりの購入条件をお持ちの方が

ほとんどなので、手堅い購入をされているように思います。

 

おとり広告かそうでないか?を見極めつつ

情報を精査し、理想の物件に出会ってくださいね!

 

 

ここ最近、物件の動きが早いので、弊社も物件の管理が

間に合わなかったりする場合もありますが

おとり広告だ!と言われないように、身を引き締めて

情報発信をさせて頂きます!

 

POSITIVE!な物件紹介、頑張ります~!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.positive-re.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/19

ページ上部へ